スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

構造材の端材

「Label cafe の床のお話」

今日は、Label cafe の床がうまれるまでのお話です。

構造材_8




【1】大阪と東京のLabel cafeの床で使用している木タイルは、

構造材の端材を生かして作ったモノなのです。

積み上げられた端材を初めて見た時 . . .その物量に驚かされました。

構造材_1




【2】これが木工所で自然乾燥で保管されている柱や梁たちです。

それぞれの目的に応じてプレカットされていくと . . .

【1】のような端材が沢山 . . . 出てしまうのです。

構造材_2




【3】はじめの写真【1】のようにプレカットした後 . . .

山のように出てしまう構造材の端材を105角の厚み30mmにカットして、

面取りを施し床材として使用できるように加工して行きます!

構造材_3




【4】木の収縮を考え調整部だけをカットして、 後は丁寧に置いて行きます。

構造材_4_1

構造材_4_2

構造材_4_3




【5】自然乾燥の木の端材を使うことで . . .

夏は湿気を吸って膨らみ、冬は湿気を吐き出して小さくなります。

まだ木が生きていることが実感出来ます。

構造材_5




【6】このままでも気持ちいいのですが . . .

多くの人たちが訪れる場合は植物油オイルを使い仕上げます。

構造材_6




【7】こうやって、手間ひまをかけてできたのが、Label cafeの床なのです。

構造材_7




こんな風に、レーベルクリエーターズでは、

こだわりのモノづくりの過程で出てしまう質の髙い端材をデザインの力で新たな価値を与え

もう一度、人々の手元で長く使えるモノへと昇華させるプロジェクトを

「MATE-RE-INNO(マテリノ)」として行なっています。

マテリアル リ イノベーションの略で、「MATE-RE-INNO(マテリノ)」です。

関連記事
スポンサーサイト

2013.05.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ・「住」のモノづくり

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

|ホーム | 

Links

レーベルクリエーターズ HP レーベルクリエーターズのHP

レーベルクリエーターズ FB レーベルクリエーターズのfacebookページ

  • 管理画面

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。