FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

尻板の端材

「形を変えながら生まれ変わる木のお話」

レーベルクリエーターズでは、

こだわりのモノづくりの過程で出てしまう質の髙い端材をデザインの力で新たな価値を与え

もう一度、人々の手元で長く使えるモノへと昇華させるプロジェクトを

「MATE-RE-INNO(マテリノ)」として行なっています。

マテリアル リ イノベーションの略で、「MATE-RE-INNO(マテリノ)」です。

今回は、そんなMATE-RE-INNOプロジェクトから生まれた、

様々なプロダクトができるまでの過程をご紹介します。


------- 木のMATE-RE-INNO(マテリノ)・ 尻板編 -------

10年くらいのお付き合いをさせいて頂いている

安多化粧合板株式会社 安多茂一さんのオフィスで打ち合わせの後、

工場や倉庫を見まわっているときに、

目のなかに入ってきたのが、山積みにされていた尻板です!

聞けば、安多さんご自身も置き場所に困りながらも、

「もったいなくて。捨てることができない」っと・・・。

これが、尻板のMATE-RE-INNO(マテリノ)のはじまりでした。



【1】こだわりの突き板製作の過程で、

どうしても出てしまう尻板と呼ばれる端材 (端材と言っても銘木の端っこ)。

初めて出会った時はこんな感じでした。

尻板_1



【2】写真【1】の端材をまずは一本一本 . . .

使える様に一つ一つ取りを考え 、丁寧にプレーナー掛け、

素材として使用出来るようにします!

尻板_2



【3】上の工程で素材に生まれ変わった端材たちとは言え …

厚みも素材の色も異なります。

匠の技をお借りして現場で1本1本手渡ししてバランスを取っていきます。

尻板_3



【4】こうして…マテリアルに生まれ変わった端材たちを

レーベルカフェの壁材として蘇らせました!

尻板_4



【5】突き板の尻板の端材をレーベルカフェの壁材として再活用した後…

それでもまた出てしまう端材…50cm〜100cmまでの端材を

家具として再利用できる様にデザインしたのがTSUNAGUシリーズの家具たちです!

尻板_6
[ 写真:MATE-RE-INNO Chair-2 デザイン:岩本 勝也 ]



【6】尻板の端材を、レーベルカフェの壁材に再利用して . . .

その後MATE-RE-INNO Chair-2の素材として生かしました。

それでも出てしまう、蒲鉾板状の端材を使ってデザインしたのが

MATE-RE-INNO Table-2です。

桐箪笥の伝統工芸士さんにお願いして釘を使わずに . . .

家具づくりの基本とも言える「キリカキ」だけで製作して頂いたテーブルです!

尻板_7
[ 写真:MATE-RE-INNO Table-2 デザイン:岩本 勝也 ]



【7】それでも出てしまう端材たちをコースターに!

尻板_8
[ 写真:KIGI デザイン:岩本 勝也 ]



【8】そして、、最後は箸置きまで誕生しました!

RE_IMG_5288.jpg
[ 写真:箸置き デザイン:岩本 勝也 ]



端材を余す事無く使い切るのが、MATE-RE-INNO(マテリノ)の魅力のひとつなのです。


関連記事
スポンサーサイト

2013.05.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ・「住」のモノづくり

構造材の端材

「Label cafe の床のお話」

今日は、Label cafe の床がうまれるまでのお話です。

構造材_8




【1】大阪と東京のLabel cafeの床で使用している木タイルは、

構造材の端材を生かして作ったモノなのです。

積み上げられた端材を初めて見た時 . . .その物量に驚かされました。

構造材_1




【2】これが木工所で自然乾燥で保管されている柱や梁たちです。

それぞれの目的に応じてプレカットされていくと . . .

【1】のような端材が沢山 . . . 出てしまうのです。

構造材_2




【3】はじめの写真【1】のようにプレカットした後 . . .

山のように出てしまう構造材の端材を105角の厚み30mmにカットして、

面取りを施し床材として使用できるように加工して行きます!

構造材_3




【4】木の収縮を考え調整部だけをカットして、 後は丁寧に置いて行きます。

構造材_4_1

構造材_4_2

構造材_4_3




【5】自然乾燥の木の端材を使うことで . . .

夏は湿気を吸って膨らみ、冬は湿気を吐き出して小さくなります。

まだ木が生きていることが実感出来ます。

構造材_5




【6】このままでも気持ちいいのですが . . .

多くの人たちが訪れる場合は植物油オイルを使い仕上げます。

構造材_6




【7】こうやって、手間ひまをかけてできたのが、Label cafeの床なのです。

構造材_7




こんな風に、レーベルクリエーターズでは、

こだわりのモノづくりの過程で出てしまう質の髙い端材をデザインの力で新たな価値を与え

もう一度、人々の手元で長く使えるモノへと昇華させるプロジェクトを

「MATE-RE-INNO(マテリノ)」として行なっています。

マテリアル リ イノベーションの略で、「MATE-RE-INNO(マテリノ)」です。

関連記事

2013.05.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ・「住」のモノづくり

|ホーム | 

Links

レーベルクリエーターズ HP レーベルクリエーターズのHP

レーベルクリエーターズ FB レーベルクリエーターズのfacebookページ

  • 管理画面

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。